文化の世界 2004年x月x日火曜日

    文化の世界 2004年x月x日火曜日

    A.お題

    1.地方の町から:中世が香る町、コストロマ
    https://soundcloud.com/sputnik-jp/kostroma
    編集改造29分09秒


    スポンサーサイト

    文化の世界 2004年x月x日火曜日

    文化の世界 2004年x月x日火曜日

    A.お題

    1.地方の町から:モスクワ近郊「黄金の輪」のセルギエフ・ポサード市
    https://soundcloud.com/sputnik-jp/travel
    編集改造34分01秒


    お答えします 200X年XX月XX日木曜日

    お答えします 200X年XX月XX日木曜日

    A.お題
    イルクーツク州のマルタ遺跡をはじめとする洞窟について
    https://soundcloud.com/sputnik-jp/yerhpirvdkjs


    翻訳アナウンス:平谷・真野
    メロディ1-1

    C.本文

    文化の世界 2004年x月x日火曜日

    文化の世界 2004年x月x日火曜日

    A.お題

    1.地方の町から:プスコフ市
    https://soundcloud.com/sputnik-jp/pskov
    編集改造30分48秒


    お答えします 2004年XX月XX日木曜日 (モスクワの地下鉄)

    お答えします 2004年XX月XX日木曜日
    04.04.01-04.12.30(40回)

    A.お題
    モスクワの地下鉄


    翻訳アナウンス:平谷
    メロディ

    再放送日時
    2015年5月14日21時台(開業80周年)

    参考:
    История изменения стоимости билета на одну поездку
    モスクワ地下鉄の片道運賃歴史表
    https://ru.wikipedia.org/wiki/Оплата_проезда_в_Московском_метрополитене


    B.選曲

    1曲目
    Блестящие - А я всё летала
    ブリスチャーシイェ - わたしは飛んできたばかり
    https://www.youtube.com/watch?v=k01dhomnJs8


    C.本文

    0131
    まずはじめに言っておきたいことは、わたしたちの広大な国、ロシアのなかに地下鉄があるのはモスクワだけではないということです。
    しかしモスクワの地下鉄はロシア国内だけではなく、世界中でもっとも美しい地下鉄だと充分な根拠を以てみなされています。
    これは大げさに言っているわけではありません。
    そのわけはロシアで最初のこのモスクワの地下鉄が建設されたのはスターリン時代のことで、その当時世界初の社会主義国としてのロシアは全世界にこの国がどこの国よりも優れているということを証明しなければならなかったことにあります。
    それゆえにモスクワで当時、すでに最高のモノを建設し作り出したのです。
    そして地下鉄はそのイデオロギーの鮮やかな表現となったのです。

    0235
    さて地下鉄建設の必要性についての決定をとる機が熟したのが1920年代のことです。
    この時期までにモスクワは交通の便がひどいにもかかわらず、住民の移動性に関して世界のすべての国を追いぬいていました。
    その当時のモスクワの通りを当時の有名な作家、イリフ・ペトローフはイキイキと描いています。

    あちこちの歩道、舗装道路ごとにあらゆる方向に右へ左へ前へ後ろへ、はたまた斜めやらてんでバラバラの方向にドスンバタンとぶつかりながら人々はかけっていく。
    印象としては絶え間なく泥棒が捕まえられているようであるが、よく観察してみれば誰も捕まえたり捕まえられたりしているわけではない。
    そして皆自分のことで忙しいだけ、全く何たる多くの人、すべての人がすぐにどこかに行かなければならないのだ。


    イリフ・ペトローフはこのように書いています。

    0351
    それが1931年の6月になってやっとソ連共産党中央委員会総会で地下鉄建設についての決議が採択されることとなりました。
    翌32年、準備作業と同時に建設者と地下鉄従業員の養成が始められました。
    地下鉄工事のため、全国的な若者の募集が行われ、国をあげて地下鉄を作ろうというスローガンが掲げられました。
    そして世界最良の地下鉄が世界の実線の中で最短の工期、事実上2年間で建設されました。
    1935年5月15日の朝7時、モスクワの地下鉄の灯火で照らされた地中に最初の乗客が飲みこまれました。
    モスクワの北東から中心部を通り、南西へ向けて敷設されたモスクワのこの最初の始線の営業初日の利用者は35万人でした。

    0520
    地下鉄の誕生は新しい建築部門の誕生をも意味していました。
    社会主義のイメージは祝祭のイメージとして繁栄、そして先へ空への運動のイメージとして描かれました。
    そうしたわけであまりにも日常的で機能的優先的な外国の地下鉄から手本をとることはロシアの建築家たちにはできないことだったのです。
    建築家たちの前には地下を感じさせないことという課題が立っていました。
    地下鉄は神話として構想され、そして神話となりました。
    そこの天井のフレスコ画のなかでは空はいつも青く、飛行機が飛び、雲の中にパラシュートが浮かび、イデオロギー的に一貫した天使の大群がそこを支配しています。
    この地下鉄駅の設計には名だたる建築家、彫刻家、画家たちが参加しました。
    彼らは乗客たちのために最も快適な条件を作るだけではなく、それぞれの駅に独自の外観を付与しようと努めました。
    そして彼らはそれに成功したのです。
    その1つの証拠となるのがソビエト宮殿駅 (現:クロポトキンスカヤ駅)の設計が1937年のパリ万博でグランプリを獲得したことです。
    この成功は1958年にブリュッセルでも繰り返されました。
    また1939年にはマヤコフスカヤ駅がニューヨーク万博で好評を博しています。

    注:マヤコフスカヤ駅=ザモスクヴォレーツカヤ(モスクワ河畔)線

    0717
    モスクワ地下鉄の多くの駅は国によってロシアの歴史・文化・建築の記念碑として保全されています。
    それは西側の欧米の人の理解による地下鉄駅というよりは地下宮殿のように見えます。
    ここで付け加えていっておかなければならないのは、駅の外装にはウラル・アルタイ・中央アジア、カフカース、ウクライナ他、様々産地から持ってこられた20種類以上の大理石、その他、そうかいちょうせき、花崗岩、斑岩、ばらきせき、縞目同などその他の材積が用いられています。
    試算によると最初の地下鉄線の駅のためだけでロシアの皇帝のすべての宮殿にも費やされなかったほどの大理石が必要とされたとのことです。

    0822
    さて第二次世界大戦、ロシアで言う大祖国戦争の時期でさえ、あらゆる困難にも関わらず、地下鉄の建設は続けられました。
    一方で1941年の夏からは地下鉄の駅は空爆時にモスクワの市民の避難所として用いられるようになりました。
    いくつかの駅には国家機関が配備され、車両内には医療所ができました。
    また地下鉄の工場は武器や弾薬を生産し、戦車の修理を行ったりするようになりました。
    そして50年代中ごろから国内建築術の安上がりで規格化された建設への転換との関連で地下鉄の駅の建設の際に標準的な鉄筋コンクリートの構造、高価でない装飾、材質が広く用いられるようになりました。
    その結果、駅の建築上の外観は急速に簡素化されました。
    60年代の終わりごろになってやっと地下鉄の駅の建築設計への個別的なアプローチが復活され、この伝統はこの分野で仕事をしている建築家やアーティストたちによって70年代から90年代まで続けられました。

    0958
    モスクワの地下鉄は絶え間なく建設され、発展拡充し続けています。
    そして2000年季初頭の地下鉄ドミトリー・ドンスコエ遊歩道駅?の開業とともに地下鉄は初めて環状自動車道を越えて、すなわちモスクワ市の市境を越えてモスクワ州に一歩を記しました。
    また2003年の5月の祝日期間中にモスクワで165番目の駅、勝利公園駅が開業しています。
    ちなみにこの駅はモスクワでもっとも深い駅の1つです。
    その深さは90メートルです。
    地下鉄は急テンポで成長しているとはいえ、モスクワ自体がそれ以上に早く成長しています。
    90年代初頭からモスクワの乗客の数が700万人から900万人にまで増えました。
    モスクワ地下鉄のいくつかの路線では朝のラッシュアワー時に車両の床の1平方メートルあたり、時には7-8人にもなることがあります。

    1115
    さてこのような混雑は新しい交通手段のいわゆる軽地下鉄とミニ地下鉄の建設によっていくらか解消できることでしょう。
    この軽地下鉄なるものは高架鉄道です。
    地下を走らないのですからもう地下鉄とは呼べませんね。
    ロシア語ではリョーフカヤ・メトロと呼ばれています。
    この車両は地下ではなく高架の上を走り、駅と駅の間の距離は長くなく、その車両、プラットホームともにより短くなり8両が4両になります。
    それからミニ地下鉄なるものは地下鉄の小型版でやはり4両からなり、小さな直径のトンネルの中、急カーブに沿って移動できるそうした地下鉄です。

    1212
    ではこれからわたしたちとともにモスクワの地下鉄を巡る小さな旅にみなさんをご案内いたしましょう。
    地下鉄の入り口は朝6時から夜の1時まで開かれています。
    まずはじめに断っておきますとロシアには民間の地下鉄線は今のところありません。
    なおソ連時代地下鉄は100パーセント国家の融資のもとにありましたが、1991年からはモスクワ市役所の管轄下にあります。
    モスクワ地下鉄はモスクワ時代と同様、公社勘定の原状にたって建設されています。
    そういうわけで地下鉄の地図は蜘蛛の巣のように見えます。
    そして様々な色の線が縦横に走っています。
    もちろんその今のところ10あるすべての支線がお互いに交差し、その交差している地点では乗換ができるようになっています。
    またモスクワ地下鉄には環状線もあり、そこからあらゆる放射線状に乗り換えることが可能です。
    この環状線は閉鎖線でその車両はぐるぐると回りつづけるのでモスクワの一部の学生たちが試験の準備のために環状線を利用することがあります。
    彼らは全部暗記し終わるまで電車に乗りつづけます。

    1348
    さてここで地下鉄の運賃について言っておきますと、今のところ一律です。
    つまり乗客は地下鉄に入る際に一度だけ運賃を支払うことになります。
    なおその運賃は10ルーブル(約40円)です。
    この10ルーブル支払うだけで1日中地下を巡ったり何度でも好きなだけ乗換をすることができます。
    というわけですから地下鉄から出る際に乗った距離のチェックなどはないわけです。
    地下鉄指導部は多くの西側諸国で行われているように運賃の差別分裂システムを導入することを検討していますが、今のところわたしたちはソ連時代のように昔からの方法で地下鉄に乗っています。

    (補足:運賃片道10ルーブルは2004年4月1日から2004年12月31日まで有効)

    ちなみにソ連時代、地下鉄に1回乗る料金は5コペイカ、つまり0.05ルーブルでした。
    当時地下鉄に入るには硬貨を自動改札機に投入していましたが、それがペレストロイカの後、プラスチック製のコインが導入され、そして今は厚紙のカード、あるいは磁気テープのついたプラスチック製のカードで、その磁気テープのなかに何回乗ったかの情報が暗号化されています。
    そうしたカードには1回、5回、10回、20回、60回用、それから1か月用、また全交通機関共通カードなるものもあり、それは地下鉄の他、バス・トロリーバス・路面電車でも用いることができるものです。
    これらすべてのカードには値段の差があり、利用者は自分にとって都合のいいカードを選べるようになっています。
    ちなみに回数の多いカードほどお得になっています。
    それから6歳までの幼児、年金受給者、障害者は他のあらゆる交通機関と同じように無料です。
    また学生・学童たちのためには学割が存在しています。

    1611
    さて自動改札口を通りますと、目の前に階段あるいはエスカレーターが現れます。
    階段かエスカレーターかはプラットホームの深さに関係しています。
    それから日本からの旅行者を含めて多くの外来者がロシアの子供たちが魔法の階段と呼ぶ、このエスカレーターの速さに驚くようです。
    それでもエスカレーターの右側に立つ人たちをしり目に左側を上ったり下りたりする人たち、先を急ぐ人たちが必ずいるものです。
    エスカレーターに乗っている間にあなたは左右の壁にかかる大きな広告ポスターを見たり、エスカレーターおよび地下鉄利用規則について、また録音された広告を聞くようになります。
    モスクワの地下鉄駅はその多くが地中深くにあり、エスカレーターはとても長いので、それらを見たり聞いたりする時間はたっぷりあるわけです。
    また最近はおなじみの広報のほかに何か怪しいモノを見かけたりすると警戒するようにというアナウンスがよく聞かれます。

    1731
    さてエスカレーターを降り切りますとそこにはプラットホームが現れます。
    すでにお話ししました通り、すべての駅が異なる特徴を持っています。
    しかしその大多数は3つの部分、中央部と2つの両側の乗降口に分かれています。
    乗客が乗る車両を間違わないように内側から光で照らされた掲示板が天井からつりさげられています。
    今のところこの掲示板はロシア語でしか書かれていませんが、しかし例えば移動の標識は図表示になっているのでトルストイとドストエフスキーの言葉も知らない人たちも理解できるものです。
    そこには階段を上るひとたちがイラストレートされています。
    そうこうするうちにあなたは行くべきとこがわかってプラットホームにやってきます。
    普通、列車は右のトンネルからやってきますが、左から列車がやってくる駅もあります。
    しかし常に列車が走り去る側のトンネルのうえに2つの電光表示板がかかっています。
    1つは時計でもう1つは列車の最期の車両が通過してから経つ時間を表示しています。
    そして次の列車がトンネルに入るとき、その数字が0に戻ります。
    夜の時間のこのインターバルは約3分から5分、しかしラッシュアワーにはこれが50秒にまで縮まります。
    地下鉄の車両が出せる最高速度は約時速100キロメートルです。
    また中心部の駅で列車の到着を知らせてくれるのは特殊な音のシグナルです。
    駅構内の壁には大きな文字で駅の名が掲げられています。
    それからあなたがそこに立っている駅が含まれる地下鉄線の路線図があります。
    その路線図にはあなたが乗り換えできるすべての線の駅がすべて記されています。

    1951
    さてプラットホームには安全ラインがあってその先に立ってはいけないようになっています。
    そのラインは特に古い駅では床にはめ込まれているか、造岩されています。
    なおそのラインの他に床には何のしるしもありません。
    ですから例えば列車の入り口が来るのかよく解りません。
    そういう駅で列車を待つ乗客たちはプラットホームに分散しています。
    それから付け加えておきますと、ロシアの地下鉄では乗車の際、例えば日本のようにドアの前に並ぶのではなく、ドアの両脇に並び、人が降り切るのを待ちます、
    モスクワのすべての地下鉄がモデルチェンジに伴って濃い水色をしています。
    全ての列車が8両編成です。

    2050
    さて次は車内についてお話ししましょう。
    車内には子供連れ、お年寄り、障害者用シートと窓に書かれたシートがあります。
    またドアのわきには地下鉄の全路線図が貼ってあり、窓の上には今乗っている路線図が貼ってあります。
    なおこれらの図ではロシア語と英語で表記されています。
    また各車両には乗客と運転手を結ぶ連絡装置があり、何か混乱や車内の故障が起こったときにそれを使って運転手に知らせることができるようになっています。

    2133
    ところで最近、駅構内と同様、車内にもかかるようになりました。
    しかし国が歴史建築記念物として保存している駅に広告はありません。
    また車内ですが、広告文やポスターがドアの上や横に貼られています。
    ですから日本の地下鉄と比べますとロシアの地下鉄内の広告はかなり控えめだと言えそうです。

    2205
    ついでにモスクワの地下鉄と日本の地下鉄の違いをいくつか挙げてみましょう。
    モスクワの地下鉄にトイレはありません。
    しかし非常に急を要する場合は駅の従業員に従業員用のトイレの使用を求めることができるでしょう。
    また駅構内にキオスクもありません。
    もっとも最近は駅と駅の間の通路上で新聞・雑誌・グリーティングカード、あるいはメガネや芝居用のチケットなども売っている露店にお目にかかれます。
    が、どこにでもあるというわけではありません。
    しかし地下鉄から出ればあらゆる文明の利器を用いることができるわけですし、地下鉄は何と言っても交通手段なのですから。
    そして地上の交通手段の主要の際にも奪われている便利さ、それが地下鉄になくてもモスクワの市民は驚きはしないわけです。
    それからわたしたちのモスクワの地下鉄ではタバコを吸ったり酔っぱらった状態で乗り込むことが禁じられています。
    また動物や鳥は特別なケースか袋に入れていれば持ち込むことができます。

    2328
    さて以上今日はモスクワの地下鉄についてお話してきましたが満足していただけたでしょうか?

    それではここで1曲歌謡曲をお聴きいだだきましょう。
    Блестящие(ブリスチャーシイェ) で А я всё летала(わたしは飛んできたばかり)
    ではどうぞ。
    2351

    文化の世界 2004年x月x日火曜日

    文化の世界 2004年x月x日火曜日

    A.お題

    1.地方の町から:スーズダリ市
    https://soundcloud.com/sputnik-jp/suzdal
    編集改造31分32秒


    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR