シベリア銀河ステーション 127回目 2006年9月30日土曜日

    シベリア銀河ステーション 127回目 2006年9月30日土曜日


    A.お題

    1.



    情報元:
    https://web.archive.org/web/20061017031626/http://www003.upp.so-net.ne.jp/PECHIKA04-10-29/
    スポンサーサイト

    お答えします 2006年9月21日木曜日 (ロシアの放送事情)

    お答えします 2006年9月21日木曜日

    A.お題
    ロシアの放送事情

    翻訳:
    菅(初出演)





    情報元:
    http://8429.teacup.com/matsu6446/bbs/35

    シベリア極東ジャーナル 2006年9月16日土曜日

    シベリア極東ジャーナル 2006年9月16日土曜日

    A.お題

    1.




    情報元:
    https://web.archive.org/web/20060911143952/http://www003.upp.so-net.ne.jp/PECHIKA04-10-29/

    各地の話題 2006年9月15日金曜日

    各地の話題 2006年9月15日金曜日

    A.お題

    x.明治天皇がロシア最後の皇帝ニコライ2世に捧げた贈り物
    http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2006/09/18/417672/

    今週火曜、12日、モスクワの東洋美術博物館において、『日本美術展』が開幕しました。東洋美術博物館は、貴重な展示物があることで有名ですが、今回の「日本美術展」は特に注目に値します。それは、展示品の目玉に、明治天皇が、ロシア最後の皇帝にコライ2世に贈った見事な彫刻がすえられているからです。この美術展の開幕には、珍しい展示品を一目みんと、駐露斉藤やすお日本大使も出席しました。この模様を取材したロシアの声の、ヴァシーリイ・ポチョムキン記者のレポートをお聞きください。

    1896年、明治天皇は、ロシアのニコライ2世に対し、皇帝の戴冠式の迎えたお祝いに、象牙の鷲の像を贈りました。この彫刻には、木の一刀彫の立派な台座と、表裏両面に刺繍が施された屏風がセットとなっています。彫刻は、片方の側から見ると、一つの象牙から彫り上げられたように見えるのですが、よくよく見ると、こうした細かな羽毛は、実は一枚一枚、本体とは別に作られたあと、本体の象牙の上に植えつけられ、ひとつの翼をなしていることがわかります。こうした羽毛の数はなんと、1500本にもなるそうです。

    その鷲の大きさも、並大抵ではありません。両方の翼の端から端までで、1.メートル64センチにもなります。しかも、高さは、台座をあわせると、2メートル35センチに達するのです。キュレーター家たちは、象牙による作品で、これだけの大きさをもつものは世界にはないだろうとの口をそろえて賞賛しています。
    象牙の彫刻のバックには、両面に絵がかかれた4面屏風が飾られています。屏風の表には岸壁に打ち寄せる海の波頭が刺繍され、また裏面には、金の雲間に飛び交う千鳥が描かれています。角度をさまざまに変えて、この鷲を見ると、鷲は荒れ狂う海の上を飛んだかと思うと、金色の雲の上を悠々と舞っているように見えるのです。

    さて、この鷲がニコライ2世の戴冠を記念して贈られたのには、ちゃんとわけがあります。鷲という鳥は権力と国力を象徴する存在です。ロシアで日本美術の専門家として名高いニコラーエフ氏は、「松の上にとまった、この猛禽類は、軍事力、国の権威を、またそうした力を与えられた統治者のイデアを表すもの」と書いています。鷲は海の上の空を支配し、国という、最高の創造物の安寧を約束する存在なのです。見事な職人の技により、このような意味を表した贈り物が贈られた背景には、皇帝ニコライ2世の御世が、長く、安定して続くようにとの願いが込められていたのです。

    さて、この明治天皇の贈った鷲の贈り物は、数奇な運命をたどりました。戴冠式のあと、鷲も台座と屏風とともに、クレムリンの武器庫博物館に贈られました。そして、1917年に社会主義革命が起こるまでは、一般の人に公開されていたのですが、革命後は、限られた日本関係の人にだけにしか公開が許されなくなりました。その後1964年、鷲は思わぬ里帰りを果たします。日本で初めてソ連の博物館からの展示品をあつめた展覧会が行われたとき、そのひとつとして、この鷹は日本国民の前に姿を現したのです。そして、いま、鷲は、今度は東洋博物館の日本美術品展示コーナーに落ち着き、再び一般に公開が許されるようになっています。

    以上、「明治天皇がロシア最後の皇帝ニコライ2世に捧げた贈り物」と題し、ロシアの声の、ヴァシーリイ・ポチョムキン記者のレポートをお聞きいただきました。


    2006年9月13日水曜日番組表

    2006年9月13日水曜日番組表


    21時台
    ニュース
    ラジオジャーナル今日の話題
    再放送:シベリア極東ジャーナル


    22時台
    ニュース
    ラジオジャーナル今日の話題




    情報元:
    http://8429.teacup.com/matsu6446/bbs/31

    ビジネス情報 2006年9月12日火曜日

    ビジネス情報 2006年9月12日火曜日

    A.お題

    1.


    情報元:

    シベリア極東ジャーナル 2006年9月9日土曜日

    シベリア極東ジャーナル 2006年9月9日土曜日

    A.お題

    1.




    情報元:
    https://web.archive.org/web/20060909125524/http://www003.upp.so-net.ne.jp/PECHIKA04-10-29/

    お答えします 2006年9月7日木曜日 (ロシアの自動車事情について)

    お答えします 2006年9月7日木曜日

    A.お題
    ロシアの自動車事情について




    情報元:
    http://8429.teacup.com/matsu6446/bbs/25

    ビジネス情報 2006年9月5日火曜日

    ビジネス情報 2006年9月5日火曜日

    A.お題

    1.


    情報元:
    http://8429.teacup.com/matsu6446/bbs/24

    菅聡史アナウンサー初回放送担当となった。

    MMMモスクワミュージックマガジン 2006年9月1日金曜日

    MMMモスクワミュージックマガジン 2006年9月1日金曜日

    A.トーク
    すがアナが出演。
    8月27日(日曜日)に上海経由でモスクヴァ・ドモジェドヴォ空港に到着とのこと。
    番組では菅アナが好きだという「フィシュマンズ」の「シーズン」という曲もかかった。


    情報元:
    http://8429.teacup.com/matsu6446/bbs/14

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR